メリットの多い勉強方法|公認会計士を勉強するコツ|どのような仕事にも役立つ

公認会計士を勉強するコツ|どのような仕事にも役立つ

ノートとペン

メリットの多い勉強方法

学習

教養を高めることや、スキルアップのために、自ら進んで勉強する人は多いです。仕事で用いる専門分野の勉強のみならず、幅を広げて専門分野以外の勉強をする人も増えてきました。そこでよく話題に上がるのが、それぞれの勉強方法です。基本的には勉強する内容の難しさや、自分の置かれた環境に合わせて判断することになります。たとえば、医師や弁護士、公認会計士などの極めて専門性の高い内容の勉強であれば、大学や専門学校に通うことになります。反対に、簡単な検定試験などは独学で勉強をすることが多くなります。独学で勉強する場合によく用いられる方法が、通信教育です。専門学校に通うよりも時間や費用を抑えることが可能になり、また自分のペースで勉強を行いやすいという特徴を有します。さらに近年では、市販の参考書や通信教育の質が向上してきたことにより、ある程度難易度が高い勉強であっても、通信教育で独学による勉強を行う人が増えてきました。今後さらに環境が整えば、通信教育の需要はますます高まるでしょう。

通信教育を用いようとする場合には、サービスを提供するいくつかの会社の中から選ぶことになりますが、その際には勉強する内容やサービスの質などを総合的に判断して選ぶようにしましょう。また、通信教育では大学や専門学校へ通うこととは異なり、講師に直接質問したり、アドバイスを貰ったりする機会が限られてきます。そのため、電話やネットなどで質問は気軽に行えるかというのは、重要な判断要素の1つになります。近年では各種専門学校においても、通信教育の環境が充実しているところが増えてきたので、通学と同程度のサービスを受けられるかどうかなどを調べてみることも効果的です。勉強しようとしている内容が、サービスを提供する会社の得意分野であるかどうかということも大切です。通常は、どこの会社も少なくとも1つ以上は強みにしている分野があるはずなので、事前にしっかりと調べておくと効果的です。また、最近では得意な分野に拘らず、全てオールラウンドに指導しているところも増えてきたので、全体的なサービスの質が上がってきている表れだといえます。