公認会計士を勉強するコツ|どのような仕事にも役立つ

メンズ

資格取得の際の強い味方

ウーマン

通信講座は、資格の取得を目指す際に強い味方になってくれます。自分が取得を目指す資格が、独学のみの学習では難しいと思ったときや、自分のペースで学習をしたい際などには、利用することを検討しても良い方法です。

詳細

関連リンク

  • 看護医療進学ネッ

    小論文の添削講座を受けてみませんか?こちらでは講座についての情報が公開されているので、チェックするといいでしょう。
  • ウェブ小論文塾

    大学入試で提出する論文がこれで大丈夫か不安。それなら、小論文の添削をしてくれるサイトを活用するのがオススメです。

メリットの多い勉強方法

学習

大学や専門学校で得られる知識を、時間の浪費や出費を抑えながら得たいと考えている方は、通信教育を利用しましょう。通信であれば自分の都合のいい時間帯に勉強を進めることができます。通信教育を実施している会社を選ぶときは、サービス内容を確認しておきましょう。

詳細

志望校に合格するために

原稿用紙

小論文をほかの人に添削してもらうようにすると、自分では気づけないような修正ポイントを指摘してもらえるので、誰が読んだとしても読みやすい文章とはどんなものかという点を知ることができます。さらに、いっぱい書いて添削をしてもらう場合と、数を絞って添削をしてもらう場合とでは若干ですが到達点が変わります。

詳細

資格を取得して働くために

電卓と書類

意味のある資格

公認会計士は医師や弁護士に並ぶ国家試験の一つです。合格すると自分で事務所を開設することが可能になります。医師は医療のプロ、弁護士は法律のプロとなります。公認会計士は社会経済のプロとして仕事をします。その中身は様々なものがあり、企業などがしっかりと収支をつけ報告をしているかなどの監査を行なったり、また今後企業などの経営がうまくいくように相談にのるコンサルタントを行なったり、税理士が専門に行う税理業務も行います。このように活動の幅が広いため公認会計士の資格を取得するための勉強は大変なものがあります。しかし、その先には社会にしっかりと貢献できる意味のある仕事が待っています。勉強をしていると、やる気やモチベーションが落ちてしまう時がありますが、長い間勉強をする事になるので、やる気やモチベーションを保つために息抜きをしたり、同じ目標を持っている方との交流は大切です。

無理なく行うために

公認会計士の資格を取得するための勉強法は大きく分けて三つの方法があります。参考書などを購入し独学で行うもの、学校などに通い行うもの、通信講座に申し込みを行うものです。社会人の方や学校までの通学が大変な方におすすめなのは通信講座です。独学は費用が安く自分の好きな時間に勉強ができますが、分からなくなってしまった時は参考書だけで解決することが難しく、やる気やモチベーションが低下し資格の取得を諦めやすい環境になってしまいます。学校に通って勉強するというのは、仕事をしている社会人にとって時間の確保が難しいものがあります。そこでおすすめは通信講座です。通信講座は分からなくなった場合はメールや電話で理解するまで対応してくれるところも多く、添削などを提出することで相手がいるためやる気やモチベーションの低下を防ぐことができます。大切なのは、教材などを送っただけになる講座は選ばず、添削などをしっかりと行う講座を選ぶことです。